人気の高い海外FX業者XMの持つメリットとデメリット

近年は海外からもいくつかの業者が日本のFX市場に参入していますが、その代表ともいえるのが「XM」です。

XMはキプロス共和国に本社を持つ有名なFX業者であり、2018年からは日本でもFXを展開しています。

XMのメリット

XMの取引では、以下のようなメリットを得られます。
1.早くて確実な約定
2.888倍のレバレッジ
3.ゼロカットシステムの提供

1.早くて確実な約定

XMに注文を出すと、約100%の確率で1秒以内に注文が約定します。

つまり、利用者の注文は必ず約定されるということです。取引である以上、出された注文を約定するのは当たり前のように思えますが、FXではそうならないことが度々起きます。

実は、FXには「リクオート」と言って、FX業者が利用者の希望する価格では決済できないため、決済可能な金額を示して、変更要請の通知を出すことがあります。

XMには、このリクオートがありません。

2.888倍のレバレッジ

日本のFX取引では金融商品取引法の規定によって、レバレッジは25倍までしか設定できません。

ただ、金融商品取引法は日本のFX業者に対する規定であり、海外のFX業者には適用されません。

そのため、海外業者は日本の業者よりレバレッジの倍率が高くなっており、XMのレバレッジは何と888倍まで設定できます。

つまり、理論上では1万円で888万円の取引ができることになります。

3.ゼロカットシステムの提供

利用者にとって一番のメリットと言えるのが、「ゼロカットシステム」です。

FXでは、保有ポジションの含み損が一定額を超えると、ロスカットと言って強制的に全てのポジションが決済されてしまいます。

その場合、通常は口座に残っている資金を消失するだけで済みます。

ところが、リーマンショックやギリシャ危機などのように、為替相場が大暴落すると、ロスカットの損失が多大な金額になります。

すると、口座に残っている資金だけでは賄えきれず、不足金の発生することがあります。

当然、FX業者から不足金に対して支払いが請求されることになり、それが「ロスカット追証」と呼ばれるものです。

実は、XMではセロカットシステムが導入されているため、ロスカットによって口座に不足金が生じた場合に、その不足金を0円にしてもらえます。

つまり、口座残高以上の損失の発生することが起きません。

XMのデメリット

XMのデメリットには以下のことが挙げられます。

1.広いスプレッド

スプレッドが日本のFX業者よりはるかに広くなっています。

例えば、米ドル/円のスプレッドは2.0pips(2銭)になっており、日本のFX業者は一般的に02~0.3銭であることから、ほぼ10倍です。

取引回数が増えると、この差が大きく影響します。

2.休眠口座扱い

XMでは口座に資金が残っていても、90日間取引(入出金含む)をしないと休眠口座扱いになります。

その場合、口座から毎月5ドルの維持手数料が引かれます。さらに、口座の残高が0円になると凍結口座となり、取引が解消されます。

人気の高い海外FX業者は海外FXボーナスが強い

海外のFX業者を選ぶときには色々な事から考える必要性があるのですが特に言えるのはボーナスをもらえるということです。

要するに特典があるということになりますのでそれをよくよく確認してからどこにするのかというのをお願いすることにしましょう。

主なボーナスとしてはまずは口座開設ボーナスがあります。

つまりは、口座開設をするだけでとりあえずもらえるということです。未入金であろうとも口座開設ボーナスがある業者を選ぶということが基本的には最初にお勧めできることになります。

もう一つのボーナスとしてあるの入金ボーナスになります。入金ボーナスは入金してもらえるということになりますのでとりあえずお金が必要になるになるわけですからこれは注意しておきましょう。

色々な海外のFX 業者にはしっかりとした一時金制度というのもあるわけですがどのような条件でもらうことができるのかというのが明確に色々な描写によって違いがあったりするのでその点をよく注意して決めるようにした方が良いです。

口座開設ボーナスを扱っている海外FX業者はたくさんありますから海外FXおすすめサイト色々と比較することが大切です。

例えばGEMFOREXとかXMTradingとかが良いボーナスを提供しているということで有名であったりします。

この手のボーナスというのはいつも常に行っているわけではないということがありますのでその都度確認しなければならないということにはなりますし、どのタイミングでお願いするのかということによってもメリットが違ったりということもあったりするので業者自体の使い勝手とか信頼性なども含めて、どこにするのかを決めるわけです。

さらに大事になってくると言えるならそもそも業者に口座開設をするということはそこでFXの取引をする、ということになります。

それがあるからこそであるわけですからきちんとを使いやすいところを選ぶというのもボーナス狙いであろうともとりあえず選ぶときに考えなければならないことの一つであるとも言えます。

おおよそボーナスですが具体的に現金がもらえるということがほとんどです。5000円から3万円くらいまでが多いです。

口座開設ボーナス自体はそんなに高い金額ではないことが多いです。基本的には口座開設ボーナスと入金ボーナスという2種類が海外のFX業者によって行われているボーナスのタイプがメインといえるのですが、業者独自のボーナスが提供されることがありますから、そちらもしっかりとチェックしておいた方が良いでしょう。

他社乗り換えボーナスなんてものもあり、他社で塩漬けになっている含み損のポジションなどを移すなんてことができますから、よいタイミングでそうしたボーナスを狙うということもお勧めできるのは間違いないことであるといえるでしょう。

とても大事になってくることは確実に貰えるボーナスと条件を満たす必要性があるボーナスをしっかりとわけて考えることでしょう。