海外FXするならハリウッドEA!FX自動売買のメリットデメリット

FXを自動売買するシステムトレードが一般的になっています。

この自動売買にはどんなメリットがあり、デメリットがあるのか、そんな疑問はいまさら聞けないという方に対して解説をし、まとめました。

これを読めばFXの自動売買のメリットやデメリットを理解できるのではないでしょうか。

FX自動売買のメリット

自動売買のメリットは、いつでも取引を行ってくれることやチャンスをものにしてくれる(機会損失が少ない)ということです。

文字通り自動でFXの売買を行っているので、利用者が仕事中や就寝中であっても取引をしてくれます。

これによって常に為替相場で利益を出してくれるというメリットがあり、特にハイレバレッジスキャルピングなどの短期間で少額の利益を重ねるトレードにおいて力を発揮してくれるのです。

これ以外にも休日中に一日画面に張り付いている必要もないので、プライベートの時間も大切にできるという点も注目すべきポイントと言えます。

チャンスもものにしてくれるという点もメリットです。

例えば、就寝中に為替相場で動きがあり、利益を確保できる絶好のチャンスがあったとします。

この時自動売買ではない裁量取引だった場合、寝ているために一円の利益も出すことができません。

しかし自動売買では、きちんと利益を確定して更に買い増しなどを行ってくれたりもします。

このように機会損失を少なくし、利益を出しやすいというメリットもあるのです。

FX自動売買のデメリット

メリットがあれば、デメリットも存在します。

FX自動売買のデメリットは勝手に取引をしてしまう、予想外の取引でダメージを広げる、種類が無数にあるという点です。

勝手に取引をしてしまう、一見メリットのように思える自動売買ですが、裁量取引であれば取引しないようなタイミングで売買してしまうことがあります。

これによって、もっと利益が出せたのに出せないということも少なくありません。

更に損失を出すような注文をしてしまうことがあり、含み損がどんどん積み重なることもあります。

予想外の取引をしてしまうのもデメリットです。

なぜこのタイミングでこんな注文をしてしまうのか、そんなことを言いたくなるようなタイミングで注文をしてしまうことがあります。

これによって損失がどんどん拡大してしまうことも珍しくありません。

気づいたらロスカットを起こしていた、そんなことになることもあるのです。

種類が無数にあるのもデメリットです。

一見戦略が無数にあるということを意味しているため、メリットに入れられそうなイメージもあります。

しかし、自分が理解せずに安易にランキングや実績だけで選択してしまうこともあるため、使い方を誤り大損をするリスクがあるのです。

そのため自動売買を選ぶ場合は、どのような仕組みで利益を重ねていくのかきちんと調べてから利用するのが海外FXおすすめの付き合い方と言えます。

特定の相場で巨額の利益を出す自動売買であっても場面が変われば、ひたすら損失を出すものに変化することも少なくないからです。

スプレッドとレバレッジは最低限身につけないといけない知識

FXは色々と専門的な用語というのがありますので、それをしっかりと知らなければならないということになります。

適当に取引するというのは当たり前ではありますが全くよろしくないことですので最低限の知識を身につけてから取引をするようにしましょう。

そのひとつとして、スプレッドというのがあります。これは一体どのようなものであるのかと言いますと売値と買値の差のことになります。

FXとは為替取引であるわけですから特定の通貨と特定の通貨を交換するという行為を行うことになります。

わかりやすくいってしまうと日本円から米ドルにしたいとか日本円からユーロにしたり、ということがあるわけです。

そして、この通貨を両替する時の金額というのは行きと帰りで違いがあります。つまりは日本円から米ドルにする時のレートと米ドルと日本円の両替をする時にレートというのが違うことになります。これをスプレッド差を呼びます。

どうしてそうなってしまうのかと言いますとその差こそが、業者の利益分であるからです。それはつまり業者によって違うということになり、スプレットは金融機関の判断で自由に決めることができるようになっていますよってどこの業者にするのかということによって取引のコストがまるで違ってくるということになります。

ちなみにこうした両替における価格差というのは例えば外国のお金を預金する外貨預金や外貨建てMMFでもあります。よそにそこが金融機関系の利益でもあるということになるからです。

ただし、この両替のときの差では、FX系が一番安いとされています。スプレッドが狭いとも言われる表現が使われるのですがとにかく一番低価格で外国のお金にしたり、日本円に戻したりということができるのはFXであるといえるでしょう。

当然ながらこのスプレッドというのは、業者がきちんと提示しているものでもあります。つまりどこの業者が一番低コストで行うことができるのかというのは調べようと思えばいくらでも調べることが出来るわけです。

要するに為替レートというのが当然ながら公表はされているわけですが業者を介して行う場合には少なからず業者の利益が必要になるわけでそのぶんの差というのがスプレッドという形で出てくるわけです。

どこの業者を選ぶべきであるのかというのは色々な観点があるというのは間違いないです。

トラブルを起こしたことがないとかいろいろなツールが使えるとかそういうこととか決められる時の理由であったりしますがやはりなんといっても取引コストということで、スプレッド差を重要視するということを意識して選ぶ人が多いのは間違いないことでしょう。

安ければいいのかその差が狭ければ狭いほど良い業者であるのかと思うかもしれませんが実際その通りです。わずかな差だと思うかもしれませんがあれば理事長が増えて大きく取引をしている場合においてはそのわずかな差が大きな金額に繋がったりするからです。

また、最大レバレッジとレバレッジ制限にも注意しなければなりません。

海外FXレバレッジは国内FXよりもレバレッジは高いですが、口座残高によりレバレッジが制限される場合がありますので、自分が動かしたい資金でレバレッジを決めて業者を探すようにしましょう。

また、海外FXボーナスも業者によってグレードが変わりますのでしっかり下調べしてから業者を選ぶようにしましょう。

入金ボーナスのパーセンテージが小さい業者に高額の資金を入金すると損してしまいますよ。必ずパーセンテージが大きく上限金額が高い業者にしましょう。